会社経営者の会社設立

 会社設立を考えるのは、必ずしも会社経営が初めての人ばかりではありません。すでに会社をお持ちの方だって、新しく事業を起こすために会社を設立することは珍しいことではありません。むしろ、現在会社の経営が順調にいっているのなら、会社設立別の事業を始めるために新しく会社を設立することは当たり前なのではないでしょうか?それだけ余裕があるからこそ、事業拡大のために新しい分野に手を出すのかもしれません。そのほかにも、新しく会社を設立する理由はさまざまあります。ここでは、ちょっとその理由の一部をご紹介したいと思います。会社を経営している、これから事業を起こす方も参考になると思うので見て下さいね。

新規会社設立の理由

法人化するため
 まず、会社の場合何かと法人だと有利ということから、新しく会社を設立するときの理由として「法人化するため」が挙げられます。新会社法により、現在は有限会社の設立はできなくなりました。しかし、会社法改正前の会社は、有限会社のままで残っているところもあります。また、会社設立時は法人以外の会社を選択したといったケースもあるでしょう。現在、会社の経営が軌道に乗り、少し余裕が出てきたところで、これから会社の経営を順調に進めていくために法人化を考えいる人もいると思います。
法人化にするメリットとは何か?
 会社を経営して行く中で、法人でなければ認可が下りないといったものが結構多く存在するようなのです。もし、これから経営を始めようとしている事業や何かの契約を取る際、法人でなければダメといったケースがあるため、新規に会社を法人として設立するのは当然かも知れません。「法人」と付くだけで何かと安心感がありますから、新しくIT事業を始める企業にとっての法人会社設立は必須のような気がします。現在では、資本金が1円からでも会社を設立することができるため、法人会社設立もそう難しいことではないでしょう。ただし、実際資本金1円で会社設立したとしても、そんな会社は怪しすぎるため、ある程度の資本金を持っての会社設立は必要になると思いますけどね…。

会社の税金対策

  •  企業を経営している事業主にとっては、「税金」というのは大きな費用ではないでしょうか?その上税金なので、経費として計上することもできないのでその分まるまる出費といった形になります。決算時期になると、税金対策のために円マーク税理士に相談することも多くなることでしょう。また、消費税も発生するので事業主にとっては頭の痛いところです。そこで考えるのが、会社を法人にして節税する方法です。税金はを支払うのは、利益が計上された場合です。(消費税は別)最近は個人情報の侵害する恐れから長者番付はなくなりましたが、決まって納める税金の額も発表しますよね。1年間の利益が大きければ、それだけ比例して税金を納めることになるのです。もし会社の経営が軌道に乗り、黒字の数字が大きくなっているのなら、会社を法人化して節税を考えるかもしれませんね。

Valuable information

フランクミュラー 買取

2016/5/25 更新

Copyright (C) 2008 会社設立へのプロセス. All Rights Reserved.