NPO法人について

NPO法人と聞くとどんなイメージを持ちますか?
「非営利団体」と聞くので、会社ではないと言うようなイメージが先行してしまいがちなのですが、NPO法人も立派な会社の一つですので、お間違えのないように。
NPO法人も実はちゃんと利益を上げる事は許されています。普通の会社とおなじように利益を上げる事はなんの問題もないのです。
ただ、普通の会社と違う点もいくつかあります。役員や社員に利益を分配できないと言うのも違う点です。
これは、利益を上げても役員や社員に分配していたらNPO法人として活動をする時に資金が足りなくなってしまいますから当然の事ではありますね。 NPO法人

利益を上げれるならNPO法人で会社設立?

NPO法人は確かに普通の会社のようになにか商品化をして販売をしてもいいですし、有料のサービスを行っても全然問題ありません。
なら、NPO法人として普通に会社を設立してもいいんじゃないかと思われるかも知れませんが、ちょっと待って下さい。実は注意しないと行けない事もあるのです。
実は、収益活動を自由に行う事は出来るのですが、その為に使える金額が制限されていて、総支出の半分以内じゃないといけないと決められているのです。つまり、支出の半分以上はNPO法人の活動資金として充てないといけないのです。これを考えると普通の利益を求める会社にはNPO法人はむいていないと考えてしまいますね。

NPO法人のメリット

NPO法人は収益を上げる事が出来ますが、制限がついているとご説明しました。では、NPO法人にするメリットとは一体なにがあるのでしょうか。
以前なら資本金が0円でも設立する事が出来るのもメリットとなっていたのですが、今では株式会社でも0円で設立する事が出来るようになっていますので、これはメリットとは言えなくなってしまいました。
他のメリットとしましては、申請手数料や登記手数料が必要ないと言う点が大きなメリットとなっていると思います。
普通でしたら、

  • 株式会社の設立で24万円
  • 合同会社の設立で10万円
  • 有限責任事業組合の設立で6万円
  • アメリカ会社で14万円

と言うふうになっていますが、これがすべて0円となります。
さらに他のメリットとしましては、

  • 収益活動を全然やらなければ税金もかかりませんので、0円と言う事に
  • 普通の団体と言う枠のなかではなく、政府から承認をうけていて法人として扱える団体と言う事に
と言ったようなメリットがあります。この政府の認証を受けていると言う点は大きいですね。これだとかなりの信用を得る事が出来ますので、会員を募集したり、会費を徴収する時も募りやすくなります。

おすすめWEBサイト 5選

文京区を一戸建てを調べる

Last update:2017/11/10

Copyright (C) 2008 会社設立へのプロセス. All Rights Reserved.